fc2ブログ

ぬいぐるみ

カリフォルニアの友人と Zoom で話していた時に、ぬいぐるみの話になり、ぬいぐるみのことを plushie という語を使っていました。

私は、stuffed animal という言い方しか知らなかったのですが、plushie も同じように使われるようです。

plushie は、次のような定義が載っています。

a toy made from cloth and filled with a soft material so that it is pleasant to hold, often in the form of an animal
(布で作られていて柔らかい素材が詰められたおもちゃで持つと心地よく、動物の形であることが多い。)

plush には、「豪華なもの、ぜいたくなもの」 という意味があり、もともとはビロードのような柔らかい布を意味するようです。

なので、plushie とは、柔らかい布のおもちゃということなのでしょうね。

私の息子も小さい頃からずっと持っているかわいいぬいぐるみがあり、日本にも持ってきて自分の部屋に飾っていました。

そのぬいぐるみたちを含む引っ越し荷物を箱に詰めて、先日船便でアメリカへ送りました。

コロナの影響で、日本からペンシルベニア州まで、3~4ヶ月もかかるそうです。

明日はマンションの明け渡しで、12月初めに渡米予定です。

いろいろと忙しく思うようにブログも更新できず失礼しております。

落ち着きましたら、また新しい土地で新鮮な気持ちでブログを再開できればと思っております。 また嫌な変異株のニュースが流れていて不安になりますが、どうぞ皆さまもお元気でお過ごしください。


スポンサーサイト



予約済み

お陰様で先日やっとビザが下りました。

以前住んだ香港の警察署から犯罪がないという証明書をもらうために指紋をとる際には、公証人に警察署に同行してもらい証書を作成していただいたり、香港に住む友人に指紋証書を含む申請書を送り、それを警察に届けてもらい費用を立て替えてもらうなど、多くの方々のお世話になり、何とか渡米できることになりました。

家具や家電は、妹や友人、知り合いなどに引き取ってもらえることになり、ありがたく思っています。

誰が何をいつ取りに来てくれるのかと、友人とやりとりしていた時に、次のように言ってくれました。

Don't worry about getting rid of stuff. Everything has been spoken for.
(物を処分することについて心配しなくていいよ。全て、欲しいと言っている人がいるから。)

何となく意味は分かりますが、こんな風に spoken for を使ったことがなかったので、定義を調べてみました。

If something is spoken for, it is not available because someone has already bought or asked for it.
(ものについて使う場合は、それを誰かがもう買ってしまったか注文 / 欲しいと言っているために手に入らないということ)

「予約されている、売約済みである」 という訳も載っています。

私の家具や家電は、全て、欲しいと言う人たちに予約されているという意味で spoken for が使われているわけですね。

spoken for は、次のように人にも使えるようです。

I can't go out with you; I'm already spoken for.
(あなたとは付き合うことはできなの。もう交際している人がいるから。)

spoken for は、「結婚を前提に交際している、婚約している」 という訳が載っています。

物については、欲しいという人が決まっている、人についても、もう決まった人がいるので他の人とは付き合えないということですね。

spoken for された家具や家電を明日、引き取ってもらうので、少し不便になりますが何とか引っ越しまでがんばろうと思います。



慰めパーティ?

友人から pity party という表現を教えてもらいました。

pity は、 「哀れみ、同情」 などを表す語ですね。

pity party は、次のように説明されています。

An instance of feeling sorry for oneself or seeking pity from other people.
(自分自身を気の毒に感じたり、他の人から同情を求めるようなこと)

「慰め会」 という訳も載っています。

ただ、この表現は俗語で軽蔑的でもあるので、親しい間柄のみで使うべきですね。

誰でも気分が落ち込んだ時などには、家族や友人に愚痴を言ってしまうこともありますね。

家族の愚痴を聞いて支えているつもりだけれど、あまりにその時間が長いと疲れてしまうと、友人が言っていました。

確かにそうですね。 延々と続くと、次のように言ってしまいたくなるそうです。

You are having a pity party and nobody wants to come.
(慰めパーティを開いてるだけだ。そういうのは誰も来たくないよ。)

人と話したり聞いてもらうだけで、気分が楽になることもありますね。

私も、現在、アメリカ大使館に帰国居住者のためのビザ申請をしており、これが想定外で、思った以上の時間や気力が必要で、家族や友人に支えられていますが、pity party を開いていたかもしれません。。

今月にはビザが発給されそうなので、引っ越しの準備を進めています。


腹打ち飛び込み

週末には、よく息子とビデオ通話をしています。

息子は大学の体育の授業で水泳を選択していて、飛び込みの練習をしているようです。

私は中学、高校の体育の授業では、よく腹打ちをしていたと日本語で話していたのですが、英語では、「腹打ち飛び込み」 のことを belly flop と言うそうですね。

belly flop の定義は次のように載っています。

a dive in which a person hits the water flat on their stomach or abdomen
(飛び込みで、人がお腹や腹部を平らに水に打つこと)

水面にお腹が当たるパーンという音がして恥ずかしい思いをしたものです。 

泳ぎ方を習うことはあっても、正しい飛び込み方を習う機会もあまりないのかもしれません。

flop という語は、さまざまな意味合いがありますね。

to fall or drop heavily
(激しく倒れたり落とすこと) という基本的な意味があり、バタン、ドスン、ザブンなどの音が聞こえるような感じですね。

He fell with a flop on the floor.
(彼はバタンと床に倒れた。)

次のような例文もありました。

A newborn baby’s head flops backward if you don’t support it.
(新生児の頭は、支えないとガクンと後ろに倒れる。)

flop について、以前に書いた記事は こちら です。

赤ちゃんの頭がガクンとなることや、腹打ちして水面にドスンと当たってしまう感じまで、flop で表せるようですね。


fast fashion と slow fashion

フードロスについてはよく耳にしますが、古くなったり着なくなった大量の衣料品もゴミとして捨てられることが問題となっているようです。

息子の大学から、定期的に大学内の活動や情報についてのメールが送られてきて、その中に古くなった衣類のに再利用に関する研究に取り組んでいる教授や学生の紹介記事がありました。

その記事の中に、fast fashionslow fashion という言葉がありました。

fast food や slow food という言葉は知っていましたが、ファッションにも fast / slow があるのですね。

それぞれの定義は次の通りです。

fast fashion:

inexpensive clothing produced rapidly by mass-market retailers in response to the latest trends
(最新の流行に応じて量販店によって急速に作られる安価な衣類)

slow fashion:

clothes with trendless designs and premium, long-lasting quality
(流行のないデザインで上等な長持ちする良質の衣類)

トレンディだけれど、一つの季節が終われば着なくなったり捨ててしまうような服が fast fashion ですね。

それに対して、slow fashion は、飽きの来ない質が良い服のことですね。

安く買ってすぐに捨てるというよりも、良質なものを何年も着る方が環境にも優しく、sustainable と言え、slow fashion は、sustainable fashion とも言われるようです 。

衣類に使用される様々な種類の繊維を細かく切り裂いて、再利用する方法などについての研究が進んでいるようですが、繊維によってアプローチの仕方が違い単純なものではないようです。

例えば綿など一種類の材料で作られた服は再利用もしやすいのでしょうね。

どんな材料で作られているか、再利用されやすい材料かなどを確認してから服を買うと理想的なのかもしれませんが、まずは長く着ることができる服を買うことも大事なことかもしれません。

プラスティック容器と同様、disposable fashion についても一人ひとりが考えてみたいものですね。


お知らせ
いつもご訪問いただきありがとうございます!
プロフィール

Author:Yurikoyama
アメリカ人の夫と息子と三人家族です。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語も学習し始めました。

アメリカのニューメキシコ州、テキサス州で12年、香港で6年住み、2018年夏より、しばらく日本に住むことになりました。

日常、気になった言葉や表現について書いています。よろしくお願いいたします。

日本ブログ村に登録しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。
リンク