眠っているような dormant

春になると、青々としてくる芝生も、冬の間は、枯れたようにベージュっぽい色になっています。

これは、芝生が「休眠期」だということで、次のように言えます。

Grass goes dormant for the cold winter months.
(芝生は、寒い冬の間は、休眠期になる。)

dormant という単語は、フランス語の dormir (眠る)が語源で、「眠っているような」という意味から、植物について言う場合は、「休眠期、発育休止中の」のように訳されています。

また、dormant volcano は、「休火山」となります。

富士山も、dormant volcano ということになるのでしょうね。

dormant は、inactive ということですね。

他には、病気の症状など、例えば、ドライスキンなどで、肌がかゆくてローションをぬるなどして、しばらく症状がおさまるようなときも、次のように言えます。

Itching is dormant for several hours.
(数時間は、かゆみを感じない。)

このように、dormant は、しばらく休んでいる、活動していない眠っているような状態を表す言葉です。


スポンサーサイト

ナンバープレートの DV の意味

車の number plate は、アメリカでは、license plate (ライセンスプレート)と呼ばれています。

運転していると、数字の前や後ろにに、DV と書いてあるライセンスプレートを、見かけることがあります。

実際のライセンスプレートは、こんな感じです→DV license plates

DV で、まず思いつくのは、domestic violence (ドメスティックバイオレンス = 家庭内暴力)ではないでしょうか。

でも、そんなことをライセンスプレートに明記したい人はいませんね。

これは、disabled veteran (退役傷病軍人)を意味するようです。

DV というライセンスプレートを見ると、この人は、軍役で傷ついた人だと分かり、国のために戦った hero (英雄)だと見なされるわけです。

disabled は、「身体に障害のある」という意味で、people with disabilities は、「身体障害者」です。

軍人ではない一般人の障害者の人のライセンスプレートには、車いすマークが付いています。

テキサス州の州境などには、Welcome to Texas. Drive friendly という看板があります。

いろいろな人が運転しているわけですが、周りをよく見て、安全に運転しようということなのだろうと思います。 

しつけ だけではない discipline の意味

Children need to be disciplined.
(子供は、しつけが必要だ。)

Try to discipline yourself to get up early.
(早起きするようにしなさい。)

このような、discipline は、「しつける、訓練する」のような意味で、会話でもよく聞きます。

これらとは少し違う discipline が、新聞記事の中で使われていました。

フィギュアスケートについて書かれた記事の一文です。

The four Olympic disciplines are men's singles, ladies' singles, pair skating and ice dancing.
(オリンピックの4つの部門には、男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスがある。)

この文では、discipline は、「部門」という意味です。

このような discipline は、「大学の学科、分野」という意味で使われていることもあります。

ラテン語の disciplina は、teach、learn = 教える、学ぶことを意味するようです。

子供をしつけるのも、教えるということですね。 

そこから、学問の分野という意味にもなるようですが、上記の文では、フィギュアスケートの種目、部門という意味で使われているところを見ると、discipline は、学問の分野だけに限らず、department のようにも使われるということですね。

ところで、フィギュアスケートで、女子シングルと言う場合、ladies' singles となりますが、アイスホッケーなどの他の競技では、women's ice hockey となっています。

women's ではなくて、ladies' となるのは、フィギュアスケートは、他の競技とは少し違って、優雅な華やかさがあるからでしょうね。。


ショーン ホワイトは、good as Gold

昨日は、スノーボードハーフパイプの競技を、ドキドキしながら見ました。

平野歩夢とショーン ホワイトのどちらにも勝ってほしいような複雑な気持ちでした。

平野歩夢の技も素晴らしく、もうあと少しで金メダルというところでしたね。 

ショーン ホワイトも練習中に顔を何針も縫うけがをした後の金メダルだけに、感動が伝わってきました。

新聞の見出しに、次のように載っていました。

Good as Gold : White soars to third Olympic halfpipe title
(金のように価値がある : ホワイトは、三度目のオリンピックハーフパイプタイトルへ舞い上がる)

good as gold という慣用句は、「子供が行儀がよい」という意味もあるようですが、ここでは、「金のように価値のある、申し分のない」という意味です。

金メダルを獲得した選手には、文字通りのぴったりの表現ですね。

gold というのは、にせ物ではなく、「本物の」という意味も含まれるかもしれませんね。

また、soar to title というのも、ハーフパイプで、文字通り舞い上がって獲得したという感じがして、うまい言い方だなあと思います。

メダルが獲得できるに越したことはないでしょうが、オリンピックに出場するだけでも good as gold だと思います。


drunk を他の言葉で言うと?

クイズ番組の中で、drunk (酔っぱらった)を意味する他の言葉を答える問題がありました。

100人のうち、約半分の人が、wasted と答えていました。

I was wasted last night.
(昨晩は、酔っぱらってしまった。) のように使えるようです。

waste は、「無駄、浪費」のような意味ですね。 また、waste basket は、「くずかご」です。

酔っぱらうということは、人間が使い物にならないような useless な状態になってしまうという感じなのでしょうか。

wasted は、drunk の俗語ですが、おもしろい表現だなあと思いました。

また、他には、hammered intoxicated もありました。

hammer は、「金づち」で、動詞で使うと、「たたく、打ち付ける」という意味になります。

hammered は、打ちのめされて、ぐでんぐでになっている状態がよく分かるような気がします。

intoxicated は、「酒に酔っている」という意味の正式な言葉で、飲酒運転は、DWI = driving while intoxicated です。

ちょっと、難しい inebriated という単語も挙がっていました。

drunk は、酔っぱらっているという、最も一般的な言葉ですが、たまには、大げさに、inebriated などと使ってみるのも、おもしろいかもしれません。

酔っぱらっているということを言うのにも、いろいろなレベルの表現があるものですね。


お知らせ
プロフィール

Author:Yurikoyama
現在アメリカのテキサス州で夫と息子と住んでいます。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語も学習し始めました。
日常、気になった言葉や表現について、書いています。

日本ブログ村に登録しています
応援していただけるようでしたら、クリックいただけるとうれしいです↓
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。