fc2ブログ

役に立つ clutch

That's clutch. という俗語を息子から仕入れました。

どのように使うのかというと、例えば、テスト前に、テストに出そうな良い問題と解答が載っているウェブサイトを見つけた時などに、

That website is clutch.
(あのウェブサイトはすごくいい。) と言えるそうです。

次のような例文もありました。

I found five dollars in my pocket. That was so damn clutch.
(ポケットに5ドル見つかって、超ラッキーだった。) 

お金がなくて困っていて偶然ポケットにお金が入っていて助かったという状況ですね。

このような That's clutch. の定義は次のように載っています。

used to say that something is extremely good or useful, or exactly what is needed in a situation
(何かが非常によい、または役に立つ、もしくはある状況でちょうど必要なものと言うのに使われる)

「困った時、危機的な状況で役立つ」 ということになりますね。

もともと clutch は、「ぐいと握る、つかむこと」 という意味があり、clutch bag は、ひもがついていない手でつかむタイプのフォーマルなハンドバッグですね。

マイナスの気温が続いて寒い中、とても温かそうな手袋を見つけると、それをつかみたくなるイメージで That's clutch. となるのでしょうか。

ちょうど欲しかったものが見つかった時などに使えるわけですが、俗語ではあるので、友人同士の気軽な状況でネイティブが使うと様になるのかもしれません。 私は聞いたら分かる程度に覚えておこうと思います。

今年も残り少なくなってきましたね。
皆さま、今年もご訪問ありがとうございました。
今年はブログの更新が思うようにできませんでしたが、来年も細々と続けていければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
来る年が世界中の人にとって明るい年となるようにお祈り申し上げます。


スポンサーサイト



molasses について

以前に molasses という 「糖蜜」 について書いたことがあります。→ 1月の糖蜜

この糖蜜は、ジンジャーブレッドクッキーの材料に欠かせないものです。

クッキー型のほとんどは船便の荷物の中にあり、今年はジンジャーブレッドクッキーを焼くのはあきらめようかと思ったのですが、こちらにいくつか置いてきたクッキー型のことを思い出し、それが見つかったので久しぶりに焼いてみました。

買ってきた molasses の瓶に書いてあるスペルを見て、これは液体で不可算名詞のはずなのに複数形のような形になっているなあと不思議に思いました。

調べてみると、ポルトガル語 melaço の複数形で英語に入ってきて、それがそのまま単数形のように使われ molasses という形となっているようです。 

ラテン語で mellaceus は、 resembling honey = 蜂蜜に似ている という意味があるようです。

「蜂蜜」は、ラテン語で mel で、そう言えばフランス語では miel です。

何となく使っていた molasses ですが、蜂蜜と関連した語だったわけですね。

では、honey という語はどうなのでしょうね。

ラテン語系ではないとすると、ゲルマン語系かなと、ちらっと調べると、蜂蜜はドイツ語で Honig だそうで、英語はこちらから入ったようですね。

久しぶりにジンジャー、シナモン、クローブなどスパイスがきいたジンジャーブレッドクッキーのを食べながら、アメリカにもどってきたことを実感しています。


ハイヒール

久しぶりに、Today という朝のテレビ番組を見ました。

クリスマス前ということで、パーティ用の服装などが紹介されていて、その中にキラキラしたハイヒールもありました。

ハイヒールは、high heels と通常複数形で使いますが、stilettos という見慣れない語が使われていました。

stiletto は 「短剣、小剣」 を表しますが、「ハイヒール」 という意味もあるようです。

発音は stilétou です。

次のように定義と例文が載っています。

a woman's shoe with a narrow, high heel
(女性の細いハイヒールの靴)

She was wearing a short skirt and stilettos.
(彼女はミニスカートをはいてハイヒールをはいていた。)

stiletto heels または stilettos のように使われます。

剣のようにとがったヒールということなのでしょうね。

また、stylo は、フランス語では 「ペン」 という意味ですが、これも先がとがっていますね。

英語でも stylography は、「尖筆画法」 という語があるようです。

最近はスニーカーで出かけることが多い私は、ハイヒールを最後に履いたのはいつだったのか思い出せないくらいです。


予約不要の先着順?

夫から、近くのベーカリーの評判が言いということを聞き、早速試してみようと行ってみました。

ネットで開いていると確認して行ったのにもかかわらずドアがロックされていて、どうしようかと思っていたら、他にもこのお店に買いに来た男性がいて、「今日は開いてるはずだよね。」 などと話していたところ、中からお店の人が出てきて、今はクリスマスの準備期間でお休みだとのことでした。

それでクリスマスメニューを渡されたのですが、もともと事前予約をして買う人が多いお店のようでした。

そのクリスマスメニューに、次のように書かれていました。

Pre-Oder or Walk-Up

pre-order は、「事前注文」 ですが、walk-up は、見慣れない表現だなあと思いました。

事前注文もしくは walk-up ということなので、walk-upは 「事前予約不要」 ということは想像できますが、調べてみると、first-come-first-served (先着順、早い者勝ち) という意味があるようです。

事前注文しなくてもいいけれども、先着順なので、欲しいものが売り切れてしまう可能性があるということを示しているのかもしれませんね。

また、walk-up apartment というと、文字通り歩いて上がる 「エレベータのないアパート」 のことです。

予約なしというと、walk-in もありますが、こちらは、「飛び込みの客」 で、美容院やクリニックなどのサービスを提供する場合に使われますね。

Walk-ins welcome ! とお店の入り口に貼り紙があることがあります。

pre-order or walk-up は、「事前注文ください、もしくは事前注文なしでご来店くださっても結構ですが、その場合は早い者勝ちですのでご了承ください。」 という感じでしょうか。

私は早速、Stollen ($18) と 小さな Gingerbread cake ($6.25) を注文し、楽しみに待っているところです。


置き配泥棒

おかげさまで、12月3日に無事ダラス経由で、ピッツバーグに着き、隔離もなく家に到着することができました。

夫とは7カ月ぶりの再会でした。 息子は来週大学の期末試験が終わり約一か月の冬休みがあるので、家族三人で過ごせることがとてもうれしいです。

新しい土地や生活に慣れるまでにしばらく時間がかかると思いますが、またぼちぼちとブログを書いて行ければと思っております。

ニュースをを見ていて、porch pirates という表現が耳に入りました。

意味は次の通りです。

a thief who takes packages left outside doors by couriers
(配達人によってドアの外に置かれた荷物を盗む泥棒)

オンラインで買い物をすることが多いアメリカでは、このような犯罪がたびたびあるようで、特にクリスマス前には買い物をする人が増えるので porch pirate も増えるようです。

porch pirate は、2010 年以降に使われ始めた表現のようですが、「置き配泥棒」 と訳せばいいでしょうか。

porch は、家の外側で屋根が突き出ている 「玄関」 で、pirate は、「海賊、略奪者」 なので分かりやすい表現ですね。

日本でも、コロナの影響でオンラインで買い物をする人が増えて置き配にしている人も増えているのかもしれませんね。

porch pirate には気をつけましょう。


お知らせ
プロフィール

Author:Yurikoyama
アメリカ人の夫と息子と三人家族です。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語もぼちぼち学習しています。

アメリカのニューメキシコ州、テキサス州で12年、香港で6年、そして2018年から約3年大阪で住み、2021年12月にアメリカのペンシルベニア州に引っ越してきました。
息子はニューヨーク州にある大学で寮生活をしており、これからリタイアした夫と二人の生活です。。。

日常、気になった言葉や表現について書いています。
よろしくお願いいたします。

日本ブログ村に登録しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。
リンク