fc2ブログ

convincing の使い方

サッカーワールドカップを見ていると、解説者が convincing という語を次のように使っていました。

~ did not have a convincing performance.
(~は圧倒的に強いと言えるパーフォーマンスではなかった。)

また、オンライン記事の中にも次のような文がありました。

Lionel Scaloni's team won with a convincing performance against the Socceroos.

(リオネル スカロニのチームはオーストラリアチームに対して圧倒的なパーフォーマンスで勝利した。)

オーストラリアチームのニックネームは soccer + kangaroo = Succeroo (s) でかわいいですね。

convincing は、「説得力のある、人を納得させる、納得のいく」 のような意味がありますが、 次のような定義も載っています。

Showing clearly the excellence or superiority of a competitor
(スポーツ競技などの選手が優れていること、優越さを明らかに示すこと)

「チームや選手などの勝利が圧倒的な」 ということです。

今日のフランスとポーランドの試合でも、次のように言えるように思います。

France won a convincing victory.
(フランスは圧倒的な勝利を勝ち取った。)

convincing はラテン語 con =with + vincere = conquer (征服する、勝つ) という成り立ちの語で、納得させるという意味になり、圧倒的な強さということになるのですね。

言われてみれば理解しやすいのですが、なかなか自分では思いつかない使い方だなあと思いました。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お知らせ
プロフィール

Author:Yurikoyama
アメリカ人の夫と息子と三人家族です。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語もぼちぼち学習しています。

アメリカのニューメキシコ州、テキサス州で12年、香港で6年、そして2018年から約3年大阪で住み、2021年12月にアメリカのペンシルベニア州に引っ越してきました。
息子はニューヨーク州にある大学で寮生活をしており、これからリタイアした夫と二人の生活です。。。

日常、気になった言葉や表現について書いています。
よろしくお願いいたします。

日本ブログ村に登録しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。
リンク