fc2ブログ

show you how it's done のニュアンス

次の二つの文は、意味は同じなのですが、ニュアンスに違いがあります。

① I will show you how to do it.

② I will show you how it's done.

①は、素直に、「やり方を」教えてあげましょう。」と、言っています。

②は、ちょっと偉そうに、「やり方を教えてやろう。」と、言っています。

①は、学校でも習う構文で、一般によく使われますが、②も、たまに耳にする表現です。

例えば、野球で、攻撃のときに、監督が選手たちに、Show them how it's done. と言うと、「さあ、相手チームに、どうやるか見せてやれ。」という感じの意味になります。

show you how it's done は、ちょっと自信たっぷりに、「教えてやろう。見せてやろう。」という場合に、使えるのですが、どうして、そういう意味になるのかは、はっきりとは分かりません。 how it should be done ということなのでしょうか。。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お知らせ
プロフィール

Author:Yurikoyama
アメリカ人の夫と息子と三人家族です。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語もぼちぼち学習しています。

アメリカのニューメキシコ州、テキサス州で12年、香港で6年、そして2018年から約3年大阪で住み、2021年12月にアメリカのペンシルベニア州に引っ越してきました。
息子はニューヨーク州にある大学で寮生活をしており、これからリタイアした夫と二人の生活です。。。

日常、気になった言葉や表現について書いています。
よろしくお願いいたします。

日本ブログ村に登録しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。
リンク