fc2ブログ

踏んだり蹴ったり

少し前ですが、デルタ航空の座席に、排せつ物が付いていて、その座席に座った人の靴などが、汚れたという、ひどいニュースがありました。

それに対して、フライトアテンダントの対応もまた、ひどいもので、ペーパータオルとジン(アルコール)を彼に渡し、拭きとるように言ったそうで、座席が消毒されることもなく、マネージャーも次のように言ったそうです。

If the cleaning crew didn’t do their job, that’s not my problem.
(清掃員が、きちんと仕事をしなかったのは、私の問題ではない。)

自分の仕事の範囲を超えることは、しないという態度は、アメリカではよくあることで、私も、カスタマーサービスには、期待しないようにしていました。 

それにしても、デルタ航空の対応は、あんまりですが、あげくの果てに、もう飛行機の出発時間なので、着席するか、飛行機から降りるか決めてくれと言われたそうです。

結局がまんして、着席して目的地に着き、結末は次の通りです。

At the end of the ordeal, Delta offered him 50,000 free miles, but, to Meehan, the offer only added insult to injury.
(その苦しい体験の最後に、デルタは、彼に、50,000フリーマイルを申し出たようだが、ミーハンにとっては、さらに、屈辱を加えただけであった。)

add insult to injury は、「ひどい目にあわせた相手に、さらに屈辱を加える、踏んだり蹴ったりの目にあわせる」という意味です。

排せつ物で、汚れたあげくに、ひどい扱いを受け、賠償としても、50,000マイルほどしか申し出ないということで、本当に気の毒な話で、踏んだり蹴ったりですね。

その後、どうなったかは知りませんが、訴訟を起すかもしれないとのことでした。

ところで、この add insult to injury ですが、もともとは、イソップの The bald man and the fly という話の中の言葉のようです。

ハエがはげ頭の男の頭を刺し、男がそのハエを殺そうとして、たたいたら、ハエは逃げて、はげ頭の男は、自分の頭をたたいてしまい、それを見て、ハエが男をあざ笑うという話です。

はげ頭の男性は、ハエに刺され (injury)、ハエにあざ笑われる (insult = 侮辱 ) ということから、重ねてひどい目にあうことを、このように言うようです。

このイソップの話は、仕返しをしようとすると、自分が痛い目にあうということのようですが、実は大きなテーマが隠された話ですね。

add insult to injury は、「泣き面に蜂」や「傷口に塩」よりも、もうちょっとシビアな感じがしてしまいます。。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お知らせ
プロフィール

Author:Yurikoyama
アメリカ人の夫と息子と三人家族です。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語もぼちぼち学習しています。

アメリカのニューメキシコ州、テキサス州で12年、香港で6年、そして2018年から約3年大阪で住み、2021年12月にアメリカのペンシルベニア州に引っ越してきました。
息子はニューヨーク州にある大学で寮生活をしており、これからリタイアした夫と二人の生活です。。。

日常、気になった言葉や表現について書いています。
よろしくお願いいたします。

日本ブログ村に登録しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。
リンク