fc2ブログ

beef jerky vs jerk(ed) beef

beef jerkyは、牛肉を乾燥して作る保存食のビーフジャーキーのことで、日本でもよく知られていますが、jerked beefは、別の料理を意味します。

ビーフジャーキーの意味でjerked beefということもありますが、普通 jerk(ed) beefというと、カリビアン風のマリネに漬けて焼いた牛肉のことです。 オレガノ、ショウガ、オールスパイス、パプリカなど様々なスパイスで味付けられたマリネに漬けこみます。
牛肉だけではなく、jerked chickenや jerked porkなども同じように作られます。

jerkには、急にぐいっと引いたり動かしたりする、という意味があり、A jerk of the knob opened the door.(ノブをぐいっと引くとドアが開いた。)などと使えます。

またjerkには、人に対する態度が悪く、人をひどく扱ったりする嫌われ者、愚かな奴、という意味もあり、そういう人に出会って嫌な経験をしたときなどに、He is really a jerk.などと会話にもたまに出てくる言葉です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お知らせ
プロフィール

Author:Yurikoyama
アメリカ人の夫と息子と三人家族です。高校ではバージニア州のハイスクールで交換留学生として1年間過ごし、その後日本の大学でフランス語を学びました。
いろいろな言語に興味があり、現在はスペイン語もぼちぼち学習しています。

アメリカのニューメキシコ州、テキサス州で12年、香港で6年、そして2018年から約3年大阪で住み、2021年12月にアメリカのペンシルベニア州に引っ越してきました。
息子はニューヨーク州にある大学で寮生活をしており、これからリタイアした夫と二人の生活です。。。

日常、気になった言葉や表現について書いています。
よろしくお願いいたします。

日本ブログ村に登録しています
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ご訪問ありがとうございます。
リンク